ホーム » イベント » お知らせ 2024年3月9日土曜日開催の寿司イベント
a

お知らせ 2024年3月9日土曜日開催の寿司イベント

お知らせ

ある時は「美衣登瑠寿司」、ある時は「はっぴいえんど寿司」そしてある時は・・・
溢れる音楽愛と本格江戸前寿司を融合し、究極のダジャレに昇華!?
前代未聞、唯一無二の超〜ファンキーでクレイジーな「駄洒落DJ寿司職人(Dajare DJ Sushi Master)」中川弘之氏(寿司の可能性研究所)による人気沸騰!寿司DJエンタテイメントショー。
第15回目の新ネタは・・・
「トムスキャビン寿司〜食べずに死ねるか!?」
トム・ウェイツ、エルヴィス・コステロ、トーキング・ヘッズ、XTC、B52’s、ラウンジ・リザーズ、オーティス・クレイ、マーク・リボー、、といった今では誰もが知る有名アーティストがまだ日本では知る人ぞ知る存在だった頃、独自のネットワークでアーティストと親交を結び初来日公演を次々実現させた小さな呼び屋「トムスキャビン」。数えきれないほどの素晴らしい音楽を届けてくれたトムスキャビンこと麻田さんをゲストに迎え、最大級のリスペクトを込めてトムスキャビン縁のアーティストの名曲を、我らがDDSM(ダジャレDJ寿司マスター)中川ひろゆきが、今回もダジャレと寿司で表現させていただきます!
また当日会場では、麻田浩さんの秘蔵蔵出しグッズも展示販売予定。お宝グッズ、ご期待ください〜
食べずに死ねるかーっ!
出演(ネタ)予定アーティスト: トム・ウェイツ、エルヴィス・コステロ、トーキング・ヘッズ、オーティス・クレイ、B52’s、ラウンジ・リザーズ、マーク・リボー、、etc.
【開催概要】
日時:204年3月9日(土)16:30 open / 17:00 〜20:00 (先着25名限定・要予約 )
参加費:6600円 *お寿司一式(にぎり10貫程度+おつまみなど)と2ドリンク付き (別料金にてお寿司とドリンクの追加オーダー可)
お問合せ:Li-Po 03-6661-2200(火曜〜土曜18:00〜24:00)
麻田 浩(あさだ ひろし)
1944年横浜出身。1963年明治学院大学入学後、在学中にマイク眞木、重見康一、渡辺かおる等とMFQモダンフォークカルテットを結成。カレッジフォークを代表する人気バンドとなる。自身の音楽活動のほか、1976年に小さな呼び屋”トムス・キャビン”を立ち上げ、若き日のトム・ウェイツやエルヴィス・コステロなどを招聘。80年代前半にはスマッシュ(フジロック・フェスティバル主催者)の創設にも携わる。独立後は、SIONやピチカート・ファイヴ、ロリータ18号などのマネージメントに尽力。SXSW(米テキサス州オースティンで、毎年 3 月に開催される世界最大級のテクノロジー、映画、音楽、教育、文化が融合したコンバージェンスカンファレンス & フェスティバル)の日本代表も務め、長きにわたって日本と海外のアーティストをつなぐ役割を担っている。2005年、2006年、そして2023年には埼玉県狭山で野外イベント「ハイドパーク・ミュージック・フェスティバル」を開催、大きな話題となった。
寿司職人 紹介 /  中川弘之
ビートル寿司(美衣登瑠寿司)に始まり、YMO寿司、ストーン寿司、ロンバケ寿司、接吻寿司、ピンクフロイド寿司、、、と限りない音楽愛と江戸前寿司の融合に挑戦し続ける、史上最強、唯一無二のDDSM(ダジャレ・DJ・寿司・マスター)。銀座の某会員制高級サロンでの寿司職人を経て、2023年独立。出張寿司やワークショップを各地で開催中。
Li-Poでは、2021年より「ダジャレ寿司」シリーズを展開、レパートリーはロックアーティストからアニメのキャラ、プロレスまで幅広い。音楽ネタと寿司ネタとダジャレネタを掛ける独自の表現で、参加者の目と耳と脳と胃袋を唸らせ、リピート率100%!? 一度知ったらやめられない!?中毒者続出?の沼企画である。オフィシャルweb 中川商店 https://nakagawashouten.com/
DDSM presents ダジャレ寿司シリーズ
第1回 YMO寿司 第2回 座狼鱗愚酢東寿司(ザ・ ローリング・ストーン寿司)・・・から最新作まで、ダジャレ寿司シリーズのアーカイブはこちらでご覧いただけます!http://li-po.jp/?s=DDSM

 

新着報告

お知らせ 2024年3月9日土曜日開催の寿司イベント

お知らせ ある時は「美衣登瑠寿司」、ある時は「はっぴいえんど寿司」そしてある時は・・・ 溢 […]

湯島「ミュージックバー道」にて第2回YMO寿司開催

  2024年01月13日土曜日 湯島「ミュージックバー道」にて第2回YMO寿司 […]

恒例!年忘れ芝浜ナイト!

  2023年 12月 30日 土曜日 自由ヶ丘マッカートニーでの「恒例!年忘れ […]